/

この記事は会員限定です

貿易金融、ファンドが担い手に 利回り志向でマネー流入

[有料会員限定]

企業の輸出入を円滑にする貿易金融でファンドの存在感が増している。従来は銀行が中心だったが、貿易の際の売掛債権などをファンドが引き取る金融取引が活発だ。低金利の運用難の中で、機関投資家が相対的に高い利回りが見込める代替(オルタナティブ)資産として、貿易金融のファンドに資金を投じている。

国際貿易では輸出業者が商品を出荷して、輸入業者が受け取るまでに一定の時間がかかる。貿易金融はこの間の資金を融通し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り777文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン