/

この記事は会員限定です

英ポンド、対円で3年ぶり高値 ワクチンで景気回復期待

[有料会員限定]

英ポンドが上昇基調にある。6日の東京外国為替市場で1ポンド=153円台前半と2018年4月以来およそ3年ぶりの高値を付けた。対ユーロでもおよそ1年1カ月ぶりの高値圏だ。英国は新型コロナウイルスのワクチン接種が先進国のなかで最も進んでおり、景気回復への期待からポンド買いが優勢になっている。

日本経済新聞社と英フィナンシャル・タイムズの6日時点の集計によると、英国の新型コロナワクチンの累計接種回数は人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン