/

クレジットカードとは VISA、ロシアでも高シェア

きょうのことば

▼クレジットカード 利用者が買い物やサービスの支払いに使い、後から利用した金額を支払う決済サービス。銀行など金融機関が与信を審査したうえでカードを発行する。小売店などの実店舗は金融機関と契約を結び、「VISA(ビザ)」など国際ブランドに対応する必要がある。消費者はブランドに対応したカードを使えば、世界各国の加盟店で支払いに使える利点がある。銀行口座から代金を直接引き落とす「デビット型」もある。

国際ブランドでは、中国や米国系が大半のシェアを誇る。米調査会社のニルソン・リポートによると、2020年の世界全体の国際カードブランドの流通枚数は151億枚に達した。このうち、中国銀聯(ユニオンペイ)が59%を占め、米ビザ(23.5%)、米マスターカード(15.4%)、日本のJCB(0.9%)と続く。

ロシアは14年、クリミア併合時に米国から受けた経済制裁の影響で、ビザなど国際ブランドが一時的に使えなくなった。この反省から中央銀行傘下の国家カード決済システム(NSPK)を立ち上げた。同国の独自ブランド「MIR(ミール)」はショッピング決済だけでなく、税金や社会保障費用などの支払いにも使える。ロシア国内のシェアを伸ばしているが、依然としてビザが50%ほどを占めるとされる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン