/

この記事は会員限定です

資金余剰、消費拡大に弾み 株高支え

市場点描 株式相場を読む

[有料会員限定]

松波俊哉・ニッセイアセットマネジメント チーフ・アナリスト

日経平均株価は6月を過ぎて上昇し、年末には3万2000円を超えるとみる。日銀の資金循環統計によると2020年末の家計の資金余剰は38兆円と前年の2倍超だ。夏以降にワクチンが普及してくれば、資金余剰を背景に消費が拡大し、株式市場にも資金が流入してくる。

感染への不安から貯蓄も残るが、ワクチンの普及とともに資金余剰のうちかなりの割合が消費に回るだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り248文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン