/

この記事は会員限定です

日米金融大手の給与格差 若手人材に彼我の差

金融PLUS 金融グループ次長 川上穣

[有料会員限定]

米大手銀行の4~6月期決算は好調だった。米経済の再開を受けて、新型コロナウイルス禍で厚めに積んできた貸倒引当金を戻し入れたことが利益を押し上げた。ゴールドマン・サックスなどの株価も総じて高い。順風満帆にも見える決算だが、同時に金融大手が共通に抱える課題も浮き彫りになった。その根幹にあるのは、増収ペースを上回るコストの増加だ。

4~6月期ではJPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、モルガン・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン