/

この記事は会員限定です

世界のREIT時価が減少、2年ぶり下げ率 揺らぐ物価耐性

[有料会員限定]

世界の不動産投資信託(REIT)への投資が鈍り始めた。世界のREITの時価総額は3月末時点で2.5兆ドル(約310兆円)と、2021年12月末比で5%減少した。減少率としては8四半期ぶりの大きさとなる。米国の急速な利上げ観測で景気の減速懸念が拡大。REITの強みとされるインフレ時の賃料への転嫁も難しくなり、「耐インフレ」資産としての評価が揺らぎ始めた。

QUICK・ファクトセットによると、3月末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン