/

この記事は会員限定です

インフレ警戒感は高まるか

十字路

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の拡大は当初、デフレ的と見なされることも多く、実際、日米欧のインフレ率は大きく低下した。その後、財政・金融政策の拡張の下、サプライチェーンの正常化(供給体制の回復)よりも需要の戻りが早期に生じたことなどを背景に、米欧のインフレ率は大幅に上昇し、中銀は高インフレ警戒感を強めている。

他方、日本では2021年の携帯電話通信料引き下げがインフレ率を抑制してきた。この剝落により、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン