/

この記事は会員限定です

米国債利回り 上がらぬ理由

十字路

[有料会員限定]

米国のインフレ率が高止まりする中、3月末に1.8%に接近した10年債利回りは、ここ数カ月低下傾向にある。米連邦準備理事会(FRB)のハト派スタンスがビハインド・ザ・カーブの行き過ぎを招き、スパイラル的なインフレ上昇となるリスクを一部加味したリフレ・トレードが巻き戻されたことなどが金利低下の背景の一つと見られる。だが米国のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)と比べ、金利は低すぎるのではないかといっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン