/

この記事は会員限定です

株高と金利の頭打ち、継続か 米CPIや中国統計に注目  

今週の市場

[有料会員限定]

株、FOMC通過で買い安心感

今週は上値余地を探る展開か。米連邦準備理事会(FRB)は量的緩和の縮小(テーパリング)を決めたが、利上げには慎重な姿勢を示した。10月の米雇用統計で雇用の順調な回復が確認されるとともに、米ファイザーの新型コロナウイルス薬の開発進展も伝わり、買い安心感が広がっている。米ダウ工業株30種平均は5週連続で上昇しており、過熱感との綱引きになりそうだ。

米国で企業決算が好調で材...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1392文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン