/

この記事は会員限定です

「住み替え」で生み出す老後の蓄え(野尻哲史)

人生100年こわくない・資産活用で笑おう

[有料会員限定]

2021年、私の確定申告の還付はコロナ禍の影響からか6月上旬まで遅れた。その還付金で大きかったのが、住宅借入金等特別控除の寄与だ。実は私も会社員時代からずっと住宅ローンと格闘し、そしてまだ残高を抱えている。残高の1%を税額から控除する住宅借入金等特別控除の効果の大きさを改めて認識したわけだ。

住宅ローン減税はパワフルだ。例えば、現役時代に返済を続け、退職時点で住宅ローン残高が1000万円まで減った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2661文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

人生100年の時代になりました。長い老後を楽しむために必要なお金をどう用意するか。年金や資産運用、世界全体を見据えた「地球株」投資の基本などを、各界で活躍してきた第一人者が語ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン