/

JPX日経400、銘柄入れ替え 中小型株指数も実施

日本経済新聞社とJPX総研は5日、共同で運営する株価指数「JPX日経インデックス400」と「JPX日経中小型株指数」の構成銘柄の定期入れ替えを発表した。31日から新たな銘柄構成で算出する。

JPX日経400の定期入れ替えでは既存の構成銘柄から34銘柄を外し、新たに36銘柄を採用する。2021年の定期入れ替え後に2銘柄を外して398銘柄で算出してきたが、今回の入れ替えで400銘柄に戻る。JPX日経中小型は45銘柄を外し、新たに48銘柄を採用する。入れ替え後は200銘柄に戻る。

定期入れ替えは毎年8月末に実施しており、22年のJPX日経400の除外、採用銘柄は以下の通り。詳細は日経の指数公式サイト「日経平均プロフィル」(https://indexes.nikkei.co.jp)に掲載する。

【除外】東急建東建コーポ三井住友建、ミクシィ、日本M&A、いちご、アウトソシン伊藤園、アリアケ、ビックカメラサムティ、コメダ、アカツキ、昭電工、DIC、OLC、サワイGHDポーラHD日製鋼IRジャパンOSG日精工、スタンレー、FPG、日野自日本ライフLVテクSBI阪急阪神JR九州中国電東北電アインHD、カナモト

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン