/

マイナポイント、第2弾の1万5000円分も忘れず申請

ポイント賢者への道(277)

今年1月に始まったマイナポイント第2弾のうち、1万5000ポイント分の申し込みが始まりました。

6月30日から始まったのは、マイナンバーカードを健康保険証として使う申請で7500円分、公金受取口座への登録で7500円分のマイナポイントが獲得できるというものです。

マイナンバーカードを取得し、対応するキャッシュレス決済手段をひも付ければ、チャージや買い物で25%のマイナポイントがたまるというキャンペーンは既に実施中です。上限5000円なので、2万円分チャージなどをすれば、フルに獲得できる計算です。

つまり、マイナンバーカードをまだ取得していない人は最大2万円分を受け取れるチャンスです。

マイナンバーカードの読み取り機能が付いたスマホがあれば「マイナポータル」アプリなどから健康保険証の利用申請と公金受取口座の登録は簡単にできます。ただし、マイナポイントを受け取るためには別途、操作が必要です。

「マイナポイント」アプリなどにマイナンバーカードを読み取ってログインすると、「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」「マイナンバーカードの新規取得」の表示が出ます。筆者は新規取得の5000ポイントは獲得済みのため、未取得の2つにチェックを入れて申し込みました。

健康保険証や公金受取口座の登録によって受け取れるポイントは、よく利用する電子マネーなどの決済手段を選ぶといいでしょう。第1弾でポイントを獲得済みの人も、第2弾の1万5000ポイントを受け取るには新たに申し込みをする必要があります。マイナンバーカードの申込期限は2022年9月末、マイナポイントの申込期限は23年2月末なので、忘れずに手続きをしましょう。

菊地崇仁(きくち・たかひと)
北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン