/

この記事は会員限定です

「SBIはハゲタカじゃない」 金融庁、苦渋のTOB支持

SBI・新生 攻防の果て(4)

(更新) [有料会員限定]

新生銀行は2月8日、臨時株主総会を開く。SBIホールディングスの推薦に従って社長を交代するほか、元金融庁長官の五味広文を会長に選任する予定だ。SBIは金融庁や財務省など複数の役人OBを幹部に登用している。金融庁にとってSBIとの間合いは、監督官庁としても新生銀の株主としても課題となる。

SBIが仕掛けた新生銀へのTOB(株式公開買い付け)では、中立を守るべき立場の国は期せずして苦渋の選択を迫られ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン