/

この記事は会員限定です

ウラン関連ETFが反発 欧州方針「原発は脱炭素に貢献」

Investment Radar

[有料会員限定]

原子力発電の燃料、ウラン関連の上場投資信託(ETF)が反発している。欧州連合(EU)の欧州委員会が1日、原子力と天然ガスを脱炭素に貢献するエネルギーと位置づける方針を発表し、中長期のウランの需要増を見込む個人投資家などの買いが入った。

ウラン開発企業に投資する米市場上場の「グローバルXウラニウムETF」は4日、昨年末の直近安値比で1割高い24.78ドルまで上げた。昨秋までの上昇局面を経て年末にか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り307文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン