/

この記事は会員限定です

米テック株、成長期待に陰り 金利上昇・規制が転機

「GAFAM」時価総額がピーク比1割減

[有料会員限定]

米国株式市場でハイテク銘柄の株安が進んでいる。ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は3カ月半ぶりの安値に沈み、主要5社「GAFAM」の時価総額も1カ月あまりで8500億ドル(約95兆円)減った。インフレ懸念を受けた米金利の上昇や、米政権の規制強化も影を落とす。予想PER(株価収益率)も下がっており、市場による成長期待にも陰りが出ている。躍進を続けてきたハイテク株は転機を迎えつつある。

4日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン