/

この記事は会員限定です

金相場、物価高への懸念強まり上昇も

ワールド・ゴールド・カウンシル アジア太平洋地域CEOアンドリュー・ネイラー氏

[有料会員限定]

――金相場の国際指標となるニューヨーク先物は、1トロイオンス1800ドル前後で値動きは膠着しています。今後の見通しは。

「米国などのインフレと金利の動向を考える必要がある。将来的に想定される米連邦準備理事会(FRB)による利上げは、(金利の付かない)金に投資する際の機会損失が増えることを意味し、価格の低下要因だ。一方で各国の中央銀行の買い増しはスローダウンの兆しが見えるが、依然として調達の方が多...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません