/

この記事は会員限定です

大手生保2社 テーパリング後の運用、社債や不動産で

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)が量的金融緩和の縮小(テーパリング)を決め、金融市場は転換点を迎えつつある。巨大な資産残高を持つグローバル投資家の国内大手生命保険2社はどう運用していくのか。運用担当役員を務める日本生命保険の大沢晶子執行役員と第一生命保険の重本和之執行役員は利回り確保やインフレ対応のため、社債や不動産が投資対象になると語る。詳しく聞いた。(聞き手は佐伯遼)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2702文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン