/

この記事は会員限定です

デジタル化、金融リスク対応急ぐ 金融庁長官に中島氏

[有料会員限定]

政府は7日、金融庁の氷見野良三長官(1983年旧大蔵省入省=以下同じ)が退任し、後任に中島淳一総合政策局長(85年)が8日付で昇格する人事を発表した。中島氏は東大工学部卒で、初めて理系出身の長官となる。システムの安定性確保やサイバー攻撃への対応が金融行政の課題。デジタル分野に明るい中島氏を起用し、新たな金融リスクへの対応を急ぐ。

中島氏は19年に金融の制度設計にあたる企画市場局長、20年に総合政策...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り534文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン