/

この記事は会員限定です

日証協、IPO値決め見直し着手 企業の調達額上積みも

[有料会員限定]

日本で新規株式公開(IPO)の値決めルールが大幅に変わる。上場時の公開価格が実態より低くなっているとの批判を受け、証券会社の値決めをより柔軟にする。新興企業を育成する政府の狙いに沿ったもので、企業がより多くの資金を調達しやすい仕組みにする。日本は小粒な上場が目立っており、IPOの適正化には個人投資家に依存した構造から脱却する必要もある。

政府は「新しい資本主義」の目玉としてスタートアップの起業促...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン