/

この記事は会員限定です

米インフレ目標 柔軟さに注目

十字路

[有料会員限定]

米国で4~5月のインフレ率が市場予想を大幅に上回り、家計のインフレ期待も高まる中、6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の参加者の政策金利見通し(ドット・チャート)中央値は、2023年に2回の利上げを示唆する水準となった。「タカ派化」はサプライズとなったが、23年の利上げを「既定路線」と捉えるべきではない。

6月のドット・チャートは翌々年末のフェデラルファンド金利(FF金利)水準をほぼ「予見」で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り538文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン