/

この記事は会員限定です

SBI傘下の新生銀行スタート リスクマネー供給役に

[有料会員限定]

SBIホールディングスに傘下入りした新生銀行の新体制が発足した。新生銀が8日開いた臨時株主総会で取締役7人を選任。SBI出身の川島克哉氏が新社長に就いた。2025年3月期に純利益を最大2倍にする収益計画を打ち出しており、株主の期待も大きい。SBIが唱える「地銀連合構想」を肉付けできるかが成否を握りそうだ。

総会後の取締役会で、新生銀はSBIが推薦した五味広文・元金融庁長官を会長に、SBIの畑尾勝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1616文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン