/

この記事は会員限定です

「選別なき相場」に転機 債券ファンド、8四半期ぶり流出

Quarterly Review 1~3月③

[有料会員限定]

金融緩和マネーがあらゆる資産価格を押し上げてきた金融相場が転機を迎えている。米連邦準備理事会(FRB)が約3年ぶりに利上げに踏み切った2022年1~3月は、世界の債券ファンドから8四半期ぶりに資金が流出した一方、株式ファンドには6四半期連続で資金が入った。余剰資金が収縮する中、市場は投資先を選別する局面に入った。

米調査会社EPFRのデータによると、22年1~3月は20年10~12月から続いてき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン