新米作況は「平年並み」 農水省、収穫量670万トン予想 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

新米作況は「平年並み」 農水省、収穫量670万トン予想

[有料会員限定]

農林水産省は14日、2022年産米の作柄概況(9月25日時点)を公表した。全国の作況指数は100(平年並み)。主食用米の作付面積は21年比5万2千ヘクタール(4%)減の125万1千ヘクタールで、予想収穫量は同30万4千トン(4.3%)減の670万3千トンだった。主食用米として比較可能な08年産から過去最低を記録した。

作柄概況は10アール当たり収穫量を平年を100として指数化し、99~101を「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り659文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません