/

この記事は会員限定です

夫婦で考える年金受け取りの「最適解」

人生100年こわくない・定年楽園への道(大江英樹)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

公的年金の支給開始年齢は原則65歳となっているが、これは支給する側から見た場合の話だ。受け取る側から見た場合、すなわち受給開始できる年齢は、60~70歳までと幅が広くなっている。

通常の支給開始年齢よりも早く受け取る場合は「繰り上げ受給」、遅く受け取る場合は「繰り下げ受給」と表現されるが、この数年、繰り下げ受給を選択する人が増えつつある。

全体数で言えばまだまだ少ないものの、厚生労働省の資料によれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2937文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

人生100年の時代になりました。長い老後を楽しむために必要なお金をどう用意するか。年金や資産運用、世界全体を見据えた「地球株」投資の基本などを、各界で活躍してきた第一人者が語ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン