/

この記事は会員限定です

排出枠の価格、欧州で2倍 脱炭素政策で需給逼迫

気候変動対策、見直しも

(更新) [有料会員限定]

温暖化ガスの排出枠を売買する排出量市場の需給が逼迫している。欧州連合(EU)での取引価格は今年、約2倍になり英国や米国でも騰勢が強まった。脱炭素の政策強化で枠が減ったところに、石炭火力発電などの稼働による需要の増加が重なった。思わぬ価格高騰が気候変動対策を問い直すきっかけになる可能性も出てきた。

排出量取引は企業ごとに温暖化ガスの排出可能な枠を決め、上限を超えた企業が余裕のある先から排出枠を買って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン