/

この記事は会員限定です

米ゴールドマン、日本株の投資「強気」の見方

中国株は調整リスクを懸念

[有料会員限定]

米金融大手から日本株への強気な見方が出ている。ゴールドマン・サックス(GS)は7月30日のリポートで、世界の資産配分の一環として今後3カ月の日本株について「オーバーウエート(強気)」との認識を示した。運用大手ブラックロックも日本株に前向きな見方をとる。世界の景気回復を背景に日本企業の業績成長への期待が高まる。

GSのクリスチャン・ミューラーグリスマン氏らは「新型コロナウイルスの影響を受けやすいサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン