/

この記事は会員限定です

膠着相場「局地戦」に活路、耐インフレ銘柄や成長株

五味梨緒奈

[有料会員限定]

株式市場が膠着状況のなかで投資家が「局地戦」に活路を見いだそうとしている。インフレ耐性による銘柄選別や、売られすぎとの見方があった成長(グロース)株を再評価する動きがその代表例だ。ウクライナ情勢の長期化、米利上げや量的引き締め(QT)の影響を織り込みきれず、相場の方向感を捉えにくくなっていることが大きい。

「電気機器のうち、村田製作所の持ち高を減らし、原料高の影響を比較的受けにくいとみられるNEC

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン