/

REIT投資の特徴は 少額から始められ分配金も高め

REINAの「マネーのとびら」第61回 REIT投資

マネーの基礎を耳から学ぶ日経ポッドキャスト「マネーのとびら」。今回のテーマは「不動産投資信託(REIT)投資」です。REITの特徴や投資する際に注意すべき点を、米国出身タレントのREINAさんと一緒に学びます。解説は日本経済新聞の露口一郎デスクです。

購入したマンションなどを賃貸して家賃収入を得る不動産投資に関心がある人は多いでしょう。しかし、こうした現物不動産に投資するには数千万円といった多額の資金が必要です。その点、REITは数万~数十万円などの少額から不動産に投資できるのが最大の長所です。

REITは投資家から集めた資金でオフィスビルや商業ビルなどを購入し、その入居者から賃貸収入を得ています。収入から不動産を管理するコストなどを引いた利益のほとんどを投資家に分配しています。つまり投資家はREITを通じて間接的に不動産を所有しているわけで、小口の「大家さん」といえます。

REITは東京証券取引所に約60本上場しており、物件の種類によりオフィス型、住居型、物流施設型、ホテル型などと分類されます。株価に相当する価格は「投資口価格」と呼ばれ、株式と同じようにリアルタイムで変動します。東証に上場する全REITの時価総額加重平均を指数化したものが「東証REIT指数」です。個別のREITを選ぶのが難しいという人は、この東証REIT指数に連動する投資信託や上場投資信託(ETF)を選ぶといいでしょう。REIT投信なら100円から投資でき、積み立ても可能です。

REITの大きな魅力の一つが、分配金を投資口価格で割った「分配金利回り」の高さです。ここ10年ほどは4%前後で推移しており、東証プライム上場の株式の平均配当利回りが2%台ということを考えれば相対的に高いといえます。ではなぜREITは高い利回りを実現できるのか、番組ではその仕組みを詳しく解説しました。

番組後半の人気コーナー「American Money Life」では、「日米の物価の違い」について米国生活の長いREINAさんに聞きました。米国はインフレがかなり加速しています。REINAさんの友達は「昔2ドルだったビールが5ドルになり、肉も30%ほど値上がりした」のを理由に、今年の夏はバーベキューの回数を減らしたそうです。平均賃金は上がっているものの、「どこまでやっていけるか心配なので、節約を始めた友達もいる」とのこと。

一方の日本は、先日値上げしたとはいえ吉野家の牛丼は並盛で448円、マクドナルドのハンバーガーは150円。外国人旅行者から見ると日本の物価は依然として安い印象があると思います。逆に日本は賃金がなかなか上がらず、円安のまっただ中でもあります。新型コロナウイルスの感染状況が少し落ち着いても、気軽に海外旅行とはいかなそうです。

「REINAのマネーのとびら」は毎週木曜日(祝日の場合は水曜日)、日経電子版やAppleのPodcast、Spotify、Amazon Musicなどのプラットフォームで公開します。

■下のプレーヤーで聞く(会員登録や料金は必要ありません。再生ボタンを押すと音声が流れます)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

マネーのとびら

「マネーのまなび」のポッドキャスト番組。米国出身のタレントのREINAさんが日経電子版の記事から気になった身近なお金まわりのニュースを選び、日経の「マネーの達人」がわかりやすく解説します。続けて聞けば、いつの間にかマネーの知識が身に付きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン