/

この記事は会員限定です

外資ファンド、「安い」日本に照準 西武HDが施設売却

[有料会員限定]

海外投資家が日本の不動産への投資を拡大している。西武ホールディングス(HD)のホテル・レジャー施設の売却入札には複数の外資系ファンドが参加し、最終的にシンガポール政府系のGICが1500億円規模で取得する方向となった。世界の不動産価格が高騰するなか、低金利で資金調達できる日本はなお割安な投資先として外資の的になっている。

西武HDがホテルの売却手続きに着手したのは2021年夏ごろ。当初から買い手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン