/

この記事は会員限定です

スタグフレーション警戒 市場、耐性銘柄に物色集中

北松円香

[有料会員限定]

株式市場で物価高と景気後退が同時に起こるスタグフレーションへの警戒感が強まり、耐性のある資源や海運といった銘柄群に投資家の物色が集中している。ウクライナ情勢の先行きが見えず、相場の方向感に賭けづらいという事情が背景にある。確度が高いのはインフレシナリオだけで、投資の選択肢が狭まっている。

「地政学リスクに備えるなら、商品の上場投資信託(ETF)も選択肢です」。ゴールドマン・サックス証券の石橋隆行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン