/

この記事は会員限定です

非鉄金属軒並み下落 銅は1カ月ぶり安値

米緩和縮小観測で

[有料会員限定]

工業用原材料である銅など非鉄金属の国際価格が軒並み下落した。 代表品目の銅が約1カ月ぶり安値水準に低下したほか、アルミやニッケルなども下げた。米国の強い経済指標を受け、市場では米国で早期の金融緩和の縮小観測が浮上。銅などに流入していた投機マネーが利益確定に動いた。為替市場のドル高進行も、ドル建てで取引する国際商品価格全般の押し下げ要因となった。

国際指標となるロンドン金属取引所(LME)の銅3カ月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン