/

この記事は会員限定です

債券から株へシフト加速、米緩和縮小で 市場の見方

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)は量的緩和の縮小(テーパリング)開始を決めた。3日の米国市場では長期金利が上昇(債券価格は下落)し、主要株価指数は軒並み最高値を更新した。テーパリング後の債券や株式相場をどう見通し、資産をどのように配分するのか。市場関係者に聞いた。

市場では株式相場の上昇が続くとの見立てが多い。クレディ・スイス証券の松本聡一郎氏は「米国株に積極的に投資していく」と話す。野村アセットマネジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2164文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン