/

この記事は会員限定です

昭和電工、プリント配線板売却 国内ファンドに400億円

[有料会員限定]

昭和電工が電子機器などに使うプリント配線板事業を、国内投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループ(東京・千代田)に売却することが6日、わかった。売却額は約400億円とみられる。2020年に約9600億円で国内化学メーカーを買収後、財務改善のため事業売却を進めている。伝統的な素材産業も積極的にファンドを活用し、事業構造の抜本的な転換を急ぐ。

売却するのは子会社の昭和電工マテリアルズ(旧日立化成)が手がける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン