/

この記事は会員限定です

「黒い白鳥」くすぶる警戒 指数急伸の裏にFRB不信

Up&Down

[有料会員限定]

市場で株価下落リスクへの警戒がくすぶる。米シカゴ・オプション取引所が算出するスキュー指数、別名「ブラックスワン指数」が5月下旬に約2年9カ月ぶりの水準に急伸し、足元も今年の平均を上回る。価格の極端に安いプット(売る権利)の需要が高まると上がり、確率は低いが起きれば影響が大きい「テールリスク」への警戒度を示す。

指数の上昇は米連邦準備理事会(FRB)の資金吸収手段である「リバースレポ」の取引が急増し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン