/

この記事は会員限定です

損保、地政学リスクで契約絞り込み ロシアに続き台湾も

(更新) [有料会員限定]

戦争や革命のリスクを補償する企業向けの「政治リスク保険」の引受限度額の合計が2022年に3年ぶりに減少に転じた。ウクライナに侵攻したロシアに絡む契約が事実上、不可能となるほか、台湾有事が現実味を増して中国や台湾向けも引き受けが難しくなっている。企業と損害保険会社は過去約20年間にわたり新興国への投資リスクが低下したとみてきたが、地政学リスクの高まりで転換点を迎えている。

政治リスク保険は他の保険...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン