/

この記事は会員限定です

三井住友海上火災保険「データで事故・災害影響減らす」

世界デジタルサミット2021から

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

――デジタルを活用し、損害保険にはどのような可能性がありますか。

「デジタル技術を用いることによって、損害保険会社としてレジリエントでサステナブルな社会作りに貢献できる。事故・災害の影響を減らし、回復を支援する機能をあらゆる場面で提供していきたい。当社が保有している保険契約や保険事故に関連するデータにさまざまな統計データを掛け合わせて分析し、課題の解決策を導き出す」

――世界で自然災害が多発してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

デジタルサミット

日本経済新聞社は2021年6月7、8日の両日、「世界デジタルサミット2021」を開催しました。「ポスト・ニューノーマル~レジリエントな社会を目指して」をテーマに、人工知能(AI)や高速通信規格「5G」が支えるデジタル変革はコロナ収束後の社会をどう変えるのかを議論しました。


セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン