/

この記事は会員限定です

米株、予想引き下げ相次ぐ 分かれる「景気後退」の深度

[有料会員限定]

米欧の金融機関が米S&P500種株価指数の見通しを相次いで引き下げている。S&P500は2021年末比で1割安の水準に落ち込んでいるほか、米国内総生産(GDP)の実質成長率が2四半期連続でマイナスに陥るなど、景気後退色が強まっているためだ。ただ、景気悪化の程度や企業業績に与える影響については見方が分かれている。

米バンク・オブ・アメリカは7月半ば、22年末のS&P500の目標株価

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン