/

この記事は会員限定です

コーヒー豆に香る新興国の台頭 価格高騰で「高根の花」?

消費量、所得・若年人口に連動 モロッコなどで急増

[有料会員限定]

カフェやオフィス、家庭で注がれるコーヒー。ほっと一息つける時間の大切さに国境はないが、消費量は所得や人口構造に左右される。最近は1人当たり国内総生産(GDP)などで一定の「条件」を満たし、新たなコーヒー消費国になりそうな新興国が増加してきた。コーヒー豆の世界的な需給が逼迫し、価格も高騰する可能性がある。

「きょう一番のニュースだ」「ラバトに戻る予定を前倒さないと」。7月中旬、ツイッターなどSNS(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1768文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン