/

この記事は会員限定です

東証の取引時間、30分延長軸に検討 午後3時半まで

(更新) [有料会員限定]

東京証券取引所は午後3時までとしている現物株の取引時間を30分延ばす検討に入った。延長に伴う実務的な課題を詰めており、実現すればシステムの刷新を控える2024年となる見通しだ。関係者間で議論を重ね、10月中に結論を出すことにしている。

東証が3日夕に開いた「市場機能強化に向けた検討ワーキンググループ」で、証券会社や機関投資家を交えて議論した。取引時間をめぐっては延長幅が30分と1時間の両案あるが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン