/

この記事は会員限定です

愛知銀行・中京銀行、24年の合併検討 経営基盤強化へ

[有料会員限定]

愛知県地盤の愛知銀行中京銀行が2024年にも合併する方向で検討していることが3日、わかった。まず22年にも持ち株会社をつくり両行がぶら下がり、2年後をメドに合併する。重複店舗の統廃合や間接部門の効率化など再編効果を高めるには統合にとどまらず早期に合併まで踏み込む必要があると判断した。経営基盤を強化し生き残りを目指す。

持ち株会社の本社機能は愛知銀本店に置き、社長は愛知銀頭取が就く方向で調整して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り396文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン