/

この記事は会員限定です

原発関連企業にマネー回帰 ウクライナ危機で再評価

[有料会員限定]

世界中の原子力発電の関連企業に資金が集まっている。原発補修に充てる債券には発行額の6倍近い需要が集まったほか、原発に関わる企業の株価も堅調だ。ロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー危機をきっかけに、原発が脱炭素とエネルギー安全保障の観点で必要との見方が広まっているためだ。ただ、環境負荷への懸念は根強く、投資家の判断は一様ではない。

「原子力は世界中で炭素削減の重要な推進力になっている」。カナダの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン