/

この記事は会員限定です

世界の時価総額410兆円減 市場、オミクロン型なお警戒

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」を巡る金融市場の警戒が続いている。11月下旬の出現報告以降、世界の株式時価総額は約3.7兆ドル(約410兆円、約3%)減った。経済正常化の恩恵を受ける航空会社の株式や、原油などの国際商品から資金が流出。債券市場は金融緩和縮小と景気鈍化を織り込んでいる。ただ感染拡大への市場の評価はなお定まらず、当面は神経質な値動きが続きそうだ。

この1週間ほどで投資家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1356文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン