/

この記事は会員限定です

ゼロからわかる戸籍の種類 相続では使い分けも

[有料会員限定]
パスポートの申請や婚姻届を出す際などに必要になる戸籍。普段はあまり使う機会がありませんが、相続などでは重要で、亡くなった人の「戸籍集め」に奔走する人もいます。戸籍にはいくつかの種類があり、記載内容が異なることがあるためです。

Q 戸籍には何が書かれているのですか。

A その人の氏名、生年月日、実父母の名前・続柄などです。出生地や届け出人など出生に関することや婚姻日、配偶者の氏名といった婚姻に関するこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン