/

この記事は会員限定です

地銀、綱渡りの東証プライム移行 「看板」か身の丈か

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

2022年4月に控える東京証券取引所の市場再編で1日から新市場の選択申請が始まった。注目が集まるのは地方銀行の判断だ。日本経済新聞社が実施したアンケート調査では約8割の地銀が実質的な最上位「プライム市場」の基準を満たす通知を受けたと答えたが、企業統治や気候変動への対応では高度な情報開示を求められる。地域の中核企業としての看板か、それとも身の丈か――。判断期限は年末だ。

東証の市場区分は現在の1部と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン