/

この記事は会員限定です

クレディセゾン、「隠れた消費行動」指南 商業施設向け

月内に「東急プラザ」、ナウキャストと連携

[有料会員限定]

クレディセゾンは3600万人に上るクレジットカード情報を使ったショッピングセンター(SC)向けのコンサルティングサービスを始める。決済情報などオルタナティブ(代替)データの分析を手がけるナウキャスト(東京・千代田)と連携する。テナント選びの際に電子商取引(EC)サイトの購買履歴など「隠れた消費行動」も反映できる。

第1弾として8月中に東急不動産グループが運営する「東急プラザ」向けにサービス提供を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン