/

この記事は会員限定です

「菅トレード」逆回転 通信株上昇、次期首相巡り思惑

大西康平

[有料会員限定]

菅義偉首相が自民党総裁選への出馬を見送り、3日の日経平均株価は前日比600円弱の大幅高となった。投資家は携帯電話料金の引き下げが懸念されていた通信株を買い戻すなど、「菅トレード」が逆回転の様相をみせた。後継首相が新型コロナウイルス対応を強化するとの期待から不動産や小売りといった内需株も買われ、「次」をにらんだ思惑が市場を覆った。

「海外のマクロ系ヘッジファンドからの日経平均先物への買い注文がいっせ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン