/

この記事は会員限定です

中国株から個人退避 投信流出超146億円 IT規制懸念 

[有料会員限定]

個人投資家が中国株から資金を急速に引き揚げている。中国株だけで組み立てる国内の投資信託で7月の資金流出と流入の差額は146億円の流出超過と、米中対立の激しかった2019年11月以来1年8カ月ぶりの大きさとなった。中国政府によるIT業界を中心とした規制強化で関連の株価が急落。政府の引き締めは当分続くとみられ、警戒感が強まっている。

日興リサーチセンターによると、7月の香港を含む中国企業で構成する44...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン