/

この記事は会員限定です

ソラミツ、バコン普及へ加盟店開拓 デジタル人民元対抗

[有料会員限定]

リネットジャパングループとソラミツホールディングス(HD)は国際協力機構(JICA)と組み、カンボジア中央銀行が発行するデジタル通貨「バコン」の普及促進に乗り出す。バコンの普及率を上げることで、中国が発行準備を進める「デジタル人民元」などのデジタル通貨に対抗する。

リネットジャパングループが8割出資、バコンの開発に携わったソラミツHDが2割出資でリネット・ソラミツ・フィナンシャル・テクノロジーズをプノンペンに立ち上げた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り698文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン