/

この記事は会員限定です

SBGハイブリッド債、条件決定 当初利率2・75%

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)は3日、国内の個人向けハイブリッド社債の発行条件を決めた。発行総額は4050億円で、国内個人向けでは最大規模となる。年限は35年。当初5年間の固定利率は年2・75%で、5年後以降は変動する。後藤芳光・最高財務責任者(CFO)は同日、日本経済新聞の取材で「投資家の需要は堅調で、満足のいく条件となった」と述べた。

調達資金は主に2016年に発行した国内ハイブリッド債の償還に充てる。当時発行し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン