/

この記事は会員限定です

砂糖卸値6%上昇、38年ぶり高値 菓子値上げ圧力強まる

[有料会員限定]

砂糖の国内卸価格が6%上昇し、38年ぶりの高値をつけた。原料糖(粗糖)の調達コストが上がったのを受けて製糖各社が実施した大幅値上げが、流通市場で満額浸透することになった。菓子メーカーなど需要家の原料コストが一段と重くなる。菓子の転嫁値上げの圧力が強まるほか、砂糖の小売価格などにも波及する可能性がある。

家庭で広く使う代表的な商品の上白糖は東京の市中卸値が1キログラム216~217円、家庭や喫茶店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン